すぎの梨園では、以下8品種を主に栽培しております。


8月から11月まで、お客様に季節ごとの梨を楽しんでもらいたく、多くの品種を栽培しています。是非お気に入りの梨を見つけてください。

なつしずく(8月上旬~中旬)

 

「二十世紀」と同じ青ナシ系統の新品種で、肉質は柔らかくち密で果汁もたっぷり。ほわっとモモのような風味も感じます。20世紀梨のように追熟させてお召し上がりください。生産量は極わずかです。

幸水

幸水こうすい)(8月上旬~中旬)

 

果肉の歯ざわりと甘さ、上品な口当たりで幅広く人気のある品種。暑い時期のものですから、冷やしていただくとのどの渇きもいやされます。わが家の主力品種のひとつです。

秋麗(しゅうれい)(8月中旬~8月下旬)

 

「幸水」と「新水」という品種のかけあわせの青梨で、糖度が高いのが特徴です。表面にサビがでるのが難ですが、皮をむいてしまえばきれいな果肉で果汁もいっぱい。

豊水(ほうすい)(9月上旬~中旬)


果肉は柔らかく、大玉で果汁を多く含む品種です。ほどよく甘味と酸味がバランスのとれた美味しさは「究極のナシ」ともいわれます。わが家の主力品種のひとつ。

あきづき(9月中旬~下旬)


きれいな形、細かな果肉、果汁多く酸味もほとんどないと、いま梨農家が注目の(新高×豊水)と幸水を掛け合わせた新品種。いわば「9月の幸水」。酸味の苦手な方におすすめです。

新高(にいたか)(9月下旬~10月上旬)

 

たいへん大きくなるナシで、甘味と香りに上品な味わいのある品種です。日持ちも良く、その大きさから「ナシの王様」と呼ばれます。わが家の主力品種のひとつ。

新興(しんこう)(10月上旬~中旬)


サクサクした食感と甘味と酸味がほどよく合わされた食後のさっぱり感は「新興」ならでは。日持ちもしますし、秋の朝食、プレーンヨーグルトといっしょにどうぞ。

王秋(おうしゅう)(10月中旬~下旬)


(慈梨×二十世紀)と新雪の掛け合わせ。糖度も新高並みといわれています。日持ちも良好。形はラグビーボールのようですが、果肉はきめ細かく酸味もほどほど。いわば「10月の豊水」。

上記の品種以外にも「晩三吉」「新雪」など少量品種も栽培しております。

また数種類の新品種も現在育成中です。

ダウンロード
栽培品種一覧
こちらより栽培品種一覧をダウンロードできます
2015年わが家の栽培品種PDF.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 283.5 KB