すぎの梨園では全品種、全量、

化学農薬、化学肥料を減らし、

環境に配慮した栽培方法を実践しています。



すぎの梨園の歴史ー梨栽培がはじまるまでー


1930年生まれの祖父がわが家で梨をはじめてから40年が経過しました。千葉県の梨栽培の歴史は古く、江戸時代から続いているものですが、わが家の梨栽培の歴史はまだ浅いものです。

 

曾祖父母が分家した直後、わが家では牛を飼っていました。旧制中学時代、毎朝エサとなる草を道端や沼淵で刈ってから学校へ行っていたそうです。出征した後、牛は売却してしまいました。終戦と同時に祖父は就農し、野菜の栽培を始めました。サトイモやサツマイモ、大豆、緑豆を栽培し、現金収入を得ていたといいます。それまで牛のエサとしていた草は堆肥や敷き藁という形で利用していました。

 

学校で農業技術を勉強していたわけでなく、周辺の農家の見様見真似でキュウリの栽培をはじめました。独学でキュウリの栽培技術を研究し、品質が向上、多くの行商屋が買い付けに家の前に並んでいたこともあったといいます。キュウリで成功し結婚。結婚後はサトイモ、キュウリの他にナスやショウガも始めました。

 

祖父が20歳の頃、友人に果樹祭りに連れて行ってもらい、梨に出会いました。その頃、千葉県内ではすでに現市川市や現松戸市といった地域が梨の産地として定着していました。地理的に近いということで、ここでも梨が作れるだろうと梨を始める決心をしました。

 

近くの郵便局で梨の苗木代を送金していたところ、偶然、近所の人が居合わせ、何しているのかという話から、その人もおれを梨をやると言い出し、そこからその噂を聞きつけた別の人もやり始め、またそこからといった具合で、この地区で何人かが梨栽培を始めました。当時の田舎の話の広まり方は、現在のインターネットと変わらない速さだったかもしれません。

 

一度梨栽培を始めてみたもののわが家の農地面積では、梨だけで生活していけませんでした。一緒にはじめた近所の人は続けていましたが、わが家では自家用に数本だけ残して、野菜で生計を立てました。これまで続けていた草堆肥を利用した農法で、肥沃な土壌となり、より良い品質の農産物が出来ました。

 

昭和40年代のほぼ10年間、わが家を支えたのはショウガでした。子供たちを学校に行かせることができたのもショウガのおかげだったといいます。しかし、それも連作障害で先細り、たまたま所有地の移動でまとまった農地が手に入り、念願の梨づくりに再参入できることになりました。それが1974年のことでした。

 

果樹栽培の憧れは、分家屋敷の庭に果樹などを植える余裕はなく、隣の家の庭の柿木を眺めていたという子供時代の苦い経験があったといいます。また梨は園内に草を生やさせて有機質を供給するという草生栽培ができるからという理由もありました。野菜栽培は雑草との戦いで、その草むしりから開放されるという考えからでした。

 

牛のエサ用の草刈り、堆肥に積み込むための草刈り、野菜栽培での雑草との戦い、そして梨の草生栽培。まさに雑草とともに歩んだ祖父の人生と言ってもいい、そんな祖父が始めた梨がわが家の梨栽培の歴史の始まりです。


雑草魂 -That's so good-